2016.11.04(金)

犠牲者

遂に悲劇が起こりました。

多頭飼育崩壊で、外に捨てられ、行方不明になっていた5匹のうち、
茶白猫の「ルイくん」が、昨夜見つかりました。
161104a.jpg
(今年1月、去勢手術した当時のルイ)

9月10日に捨てられてから、ろくに食べ物にありつけなかったのでしょう、
その体はがりっがりに痩せ、もう自力で動くこともできず、グッタリと横たえていました。

それでも、こうして見つけることができた!また会えた!
こんなに痩せて・・・
辛かったでしょう。よく頑張った!
さあ、これから、元気になって、里親さん探そう!
幸せになろう!


夜間の救急病院へ搬送。


今朝、迎えに行き、その後はうちで保護をする予定だった。
手厚く看護してやるつもりでいた。

なのに、

朝6時、病院から
「先ほど、亡くなりました」の知らせ・・・


161104b.png



昼になった。
お腹が空いた。
でも、空腹を感じた時、
「ああ、ルイは、お腹が空いても何も食べられないでいたんだ。
ひたすら空腹に耐え、この2ヶ月を過ごしていたんだ。」
そう思うと、自分は、ごはんを食べてはいけない気がした。

喉が渇いて水を飲む。
「ああ、ルイは、水は飲めただろう。
その辺の水たまりの水を飲んだだろう。
でも、水しか飲めなかったんだ。
お腹が空いても、水しか飲めなかったんだ。」
そう思うと、水の味が苦くなる。


元の飼い主は、「外に放せば外で生きていける」と思ってルイたちを外に捨てた。

その結果がこれ。



どんなに寂しかっただろう。
どんなにお腹が空いただろう。
どんなに惨めだっただろう。
どんなに怖かっただろう。
どんなに寒かっただろう。
どんなに家に帰りたかっただろう。

ルイが味わった苦痛に思いをはせる。
私にはとても耐えられない。
そんな苦痛を耐え抜いたルイは、絶対に幸せにしてやりたかった。
でももう、それは叶わない。


だから、もう、
考えないでおこう。

ルイは楽になったんだ。
苦しみから解放されたんだ。

今はもう、
そう思うしかない。
│posted at 20:35:20│
2016.10.26(水)

譲渡会にて

多頭飼育崩壊からの救出猫、ミーシャとオハナ、
10月23日に鶴見区で開催された譲渡会に参加してきました。
161026a.jpg
全く物怖じしないミーシャはケージから出し、会場内を自由に闊歩。
161026b.jpg
スタスタ・・・

161026b2.jpg
スタスタスタスタ・・・

スタスタ
161026b3.jpg
スタスタスタ
161026b4.jpg
スタスタスタスタ!
161026b5.jpg
何も気にせずひたすら闊歩するミーシャ。

すると、

161026c.jpg
ミーシャ「あれ?あれは、同じ部屋で暮らしてたミー姉さん・・・?」

161026d.jpg
ミーシャ「・・・そんな訳ないか。あたしたち、みんな捨てられて
バラバラになっちゃったんだもん。他人のそら似ね・・・」

161026e.jpg
オハナ「ゴルぁ!イクラ!久しぶりに会ったんじゃ!挨拶せんかい!」
ミーシャ「そのガラの悪さは、やっぱりミー姉さん!!」


そう、ミーシャ(元の飼い主の所での名前は「イクラ」)と
オハナ(元の飼い主の所での名前は「ミー」)、
9月10日に捨てられて、それぞれ町をさまよい、それぞれ別の場所で保護されたため、
ここで会うのは1ヶ月半ぶりです。
(オハナのガラの悪さはフィクションです。)

でも、涙の再会、
という感じはなく、

ミーシャは子猫のフードを失敬し、
161026f.jpg

オハナも子猫のオモチャを横取りするという大人げない態度で、
161026g.jpg

それぞれ思い思いに譲渡会を楽しんでいました。
(オハナのタチの悪さはフィクションです。)

そう!フィクションですよ!
だって、見て下さい、譲渡会場で撮影された、
オハナちゃんのこのウルウル瞳を!↓
161026h.jpg

人の肩に乗るオチャメな姿を!↓
161026i.jpg

そしてこのオチャメなところを見初められ、
オハナちゃん、見事、里親希望さんが現れ、トライアル決定です!
そしてなんと、ミーシャも、
うちの子にしたいと言って下さるご家族が現れ、トライアル決定です!

大人の猫が、たった一度の譲渡会参加で、トライアルまでこぎつけるなんてめったにあることではありません。
素晴らしい出会いに恵まれた譲渡会でした。
他の猫さんたちにも良い出会いがたくさんあったようです。
譲渡会の様子は↓でご覧ください。
ブログ「つるみ・猫のカギしっぽ」
http://tsurumineko.blog9.fc2.com/

*後日談*
オハナちゃん、あんなタチ悪くなくて可憐な少女である証拠に、
譲渡会後、気疲れしたのか食欲をなくし、寝込んでしまったそうです。
早く元気になってトライアル行こうね!
│posted at 16:29:34│
2016.10.19(水)

譲渡会に参加します

猫の多頭飼育崩壊の末捨てられ、捜索の末救出されたミーシャとオハナ。
ミーシャは今、一時預かりさんの元でかわいがられて暮らしています。↓
161019a.jpg
3週間の放浪から保護したばかりの時は、
人を恋しがり、人のそばにいたいあまりに、
ケージに入れると鳴き通し、
一緒に寝てやると人のそばを離れたくないがためにその場で排泄してしまったりして
問題行動もあったのですが、
それは、それだけ放浪生活が辛いものであった証拠。
安心して暮らせると分かった今、問題行動はなくなり、すっかり落ち着きました。

オハナちゃんも保護主さんに甘えながら暮らしています。↓
161019b.jpg
雨続きの中、捨てられ、放浪していたせいで、まだ少し風邪気味ですが、
元気食欲はあり、窓際にもひとっ跳び。
161019c.jpg
よくお外を眺めているそうです。
161019d.jpg

そんなミーシャとオハナ、
10月23日に横浜市鶴見区で開催される譲渡会に参加します。
詳しくは↓のブログをご覧ください。
ブログ「つるみ・猫のカギしっぽ」
http://tsurumineko.blog9.fc2.com/

ミーシャとオハナに会いに来てください。
他にも、かわいい子猫、落ち着いていて飼い易い大人の猫、多数参加します。
皆、家族になってくれる人を求めています。

│posted at 14:19:07│
2016.10.12(水)

多頭飼育崩壊の猫たち

前回の猫の多頭飼育崩壊記事の続きです。

13匹の現状をまとめます。

捨てられたあと、保護され、新しい飼い主さんに飼ってもらえるようになったのは
「タラちゃん」。
161012a.jpg
↑左がタラちゃん。先住猫のマハロくんととっても仲良しです。
それもそのはず、もと、同じアパートの一室に居た仲だものね。


保護され、現在里親募集中なのは「ミーシャ」と「オハナ」。
161012b.jpg
↑ミーシャは今はうちではなく、別の一時預かりさんのお宅に移動した。
さっそく猫じゃらしで遊んでもらって楽しく過ごしている様子。
●ミーシャの里親募集ページ:
http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn131222/

161012c.jpg
↑タラちゃん&マハロくんのおうちで保護してもらいながら
里親さんを探す「オハナちゃん」(マハロのお母さん猫です。)
●オハナの里親募集ページ:
http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn131432/

捨てられた後、自力で戻ってきたり外にいた所を捕まえはしたものの、
保護はしておらず、元の飼い主の元に戻した猫が3匹。
161008yan.jpg
↑「ヤン」
161008sima.jpg
↑「シマ」
161008sakra.jpg
↑「サクラ」


この3匹のうち、ヤンは人懐っこいため、保護して里親さんを探すことも検討中ですが、
確実に里親さんがつくことが保証できない大人の猫の保護は、
なかなか踏み切れないのが現状です。

あと、元の飼い主の元にはもう1匹「シッポちゃん」というメス猫もいます。
161012d.jpg
この子は飼い主でさえ触れないほど警戒心が強いため、
捨てられるという難も逃れ、ずっと室内にいることができたわけですが、
こういう子は里親さんがつかないため保護もできません。
かわいそうですが、このまま飼い主の元に居させるしかありません。

そして、捨てられた後、他の餌やりさんのお庭にたどり着き、
そこで暮らすようになっている「モモ」は、
161008momo.jpg
この子も人懐っこいため、保護を検討中ですが、
ヤンくんと同じ理由で保護に踏み切れず、
ただ、今の居場所はヘタに元の飼い主に戻すよりはいいかと思われる場所なので、
その場に居させてもらっています。
が、ここはあくまで人の家のお庭であって室内ではありません。
所詮は外猫として生きていくことになります。

そして遺棄から1ヶ月経った現在も、行方不明が5匹。

これが13匹の現状です。
幸せになれたのは、まだ、タラちゃん1匹だけなのです。

今の飼い主はペット可の物件を探して引っ越すことを考えてはいますが、
この人は、とてもいい加減で頼りない人なのです。
このままこの人に飼われていても、引っ越しの最中に逃がしてしまうか、
引っ越した先で逃がしてしまう可能性もあります。
全く知らない土地でそんなことになったら、
この猫たちは今度こそ本当に行方不明になってしまうでしょう。
それは「死」を意味します。
これ以上不幸を繰り返したくない。
そう思ってはいても、保護活動というのはなかなか難しく、
思うように進まないのが現状です。
│posted at 13:27:23│
2016.10.08(土)

ロシアンブルーの憎いやつ

今うちで保護している猫です。里親さん募集します。
161008m1.jpg
名前は「ミーシャ」。女の子。1歳半~2歳。
雑種ですが、ロシアンブルーの血が入っているのでしょう、
グレーのきれいな毛色。手触りもしなやかです。
こういうきれいな毛色の子はオシャレが楽しい。

161008m2.jpg
ピンクがよく似合います。

161008m3.jpg
あら~、グリーンもよくお似合いですよ~。

161008m4.jpg
ロシアンブルーっちゅうぐらいだからブルーはもちろん似合う~。

ムチャクチャ人懐っこいです。
161008m7.jpg
161008m8.jpg
161008m5.jpg
161008m6.jpg

この子は、実はひどい目にあったのです。

この子は横浜市神奈川区のとあるアパートの室内で飼われていました。
13匹の仲間と共に。
いわゆる多頭飼育です。
ある男性が狭いアパートの1室で不妊・去勢手術もせずに猫を飼っていたのです。

161008a2.jpg

161008a3.jpg

今年の初めに、ボランティアさんが入り、その猫たちの不妊・去勢手術をしました。
その時、そこにいた子猫が、
1月~4月までうちで保護していた「かっちゃん」です。

161008a1.jpg
↑かっちゃんがまだ元の飼い主の部屋にいた頃の写真。
隣の白黒は兄弟の「マハロくん」。
2匹とも、今は里親さんの元で幸せに暮らしています。


その後、8月になってこの現場に大変な事態が起こりました。
そもそもこのアパートは「ペット不可」。
なのに13匹もの猫を飼っていることが家主にバレ、
飼い主は退去を迫られました。
家主から「猫なんて外でも生きていけるのだから外に捨てろ」と言われた飼い主は、
こともあろうか、かわいがっているはずのこの猫たちを、外に捨ててしまったのです!
この猫たちはベランダから外に出入りすることもありました。
でも、飼い主が捨てに行ったのは家から離れた場所。
ここの猫たちにとっては未知の場所です・・・!

それでも、自力でこの部屋に戻ってきた猫が2匹いました。
161008yan.jpg
161008sima.jpg
↑捨てられてもすぐに戻ってきた「ヤン♂」(上)と「シマ♀」

数日間さまよった挙句、他の野良猫たちの餌場にたどりついて
餌をもらえるようになった子、
161008momo.jpg
↑複数の猫が集まる餌やりさんのお庭にたどり着き、
ごはんをもらえている「モモ♀」

161008sakra.jpg
↑この猫たちの飼い主男性は外の野良猫にも餌をあげており、
その外の餌場に戻って来た「サクラ♀」。今うちにいるミーシャのお母さんだ。


人のお宅の庭にたどりついて「おうちに入れて!」と懇願し、入れてもらえた子、
161008tara.jpg
↑「タラちゃん♂」。
幸いこの子はここのおうちで飼ってもらえることになった。
このおうち、実はナント、上の写真でかっちゃんと一緒に写っている「マハロくん」の
里親さんのおうちだったのだ!なんという偶然。


ちょうどこの猫たちを捜索していたボランティアさんに目撃され、捕まえてもらえた子、
161008me.jpg
↑「ミーちゃん♀」。
今はマハロくん・タラちゃんの里親さんのおうちで保護してもらって里親さんを探す。
名前をミーちゃんから「オハナちゃん」に改名。
マハロ&かっちゃんのお母さんだ。


そしてミーシャは3週間さまよった挙句、
通りすがりの人に必死でついてゆき、「おうちに入れて!」とばかりに
その人が開けた自宅のアパートのドアの中にスルリと入り、
そしてその方がたまたま目にしたこの猫たちの捜索ポスターのおかげで、
保護してもらえるに至ったのです。

こうして見つかった子たちは、
飼い主が捨てた場所から半径800メートル圏内で見つかりました。
飼い主が猫たちを捨てたのは9月10日頃。
この後の1ヶ月間は、台風や秋雨でほとんど晴れ間のない時期。
全く知らない場所。食べ物もない。降りしきる雨・・・
そんな中をさまよい歩いていたのです。
室内暮らしの猫たちにとって、なんと過酷な状況だったでしょう。
飼い主は、本当に残酷なことをしたものです。
そしていまだに、
見つかっていない子が5匹もいます。
161008lui.jpg
↑「ルイ♂」
161008kinako.jpg
↑「きなこ♂」
161008nene.jpg
↑「ネネ♀」
この3匹、プラス、茶トラの猫2匹がまだ行方不明です。


飼い主は心配はしているものの、自分で捜索はしていません。
すべてボランティア任せです。
飼い主は「ペット可」の物件を探して引っ越す予定ではいますが、
もうこんな、いい加減で非情な飼い主にこの猫たちを任せておきたくありません。
新しい飼い主さんを探してやります。
ただ、
大人の猫の里親探しはなかな難しいのが現状です。
すべての猫は救い出せないでしょう。
でも、人懐っこくて飼いやすい子は飼ってもらえる可能性があるから、
その可能性に賭けてやりたいのです。

何の罪もないのに、ひどい目に遭わされ、
そんな中、必死で頑張ってきたこの猫たちを、
幸せにして下さる方募集中!!

詳しくは、里親募集サイト「ペットのおうち」に紹介が掲載されていますので
そちらをご覧ください。↓
●ミーシャの募集ページ
http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn131222/
●オハナの募集ページ
http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn131432/



│posted at 21:03:05│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ