2012.07.31(火)

不思議な出来事

タマちゃんの死の前後、不思議な出来事がいくつかあった。

タマちゃんが死ぬ前夜。
私は夜中に何度か目を覚ましてはタマちゃんの様子を見に行っていた。
ふと、外から、ノラ猫がワオワオと鳴く声がした。
こういう声は3~4月頃はよく聞こえていたが、
その頃(6月)はもう、そんなことはなかった。
なのにこの夜、外からノラ猫の声がした。

「ああ・・・。タマちゃんのご主人が最後の挨拶に来たんだ。」

タマちゃんはノラ時代に2匹、娘を出産している。
我が家では、タマちゃんにはトビ職で酒癖が悪く、
でも根は優しくて実は小心者のご主人(茶トラ猫)がいる、
ということになっている。
タマちゃんが危篤と知って最後に駆けつけて来てくれたのだ。きっと。

『よっ、タマー、頑張れ!
まだ死ぬな。明日の朝まで頑張れ!
誰にも知られずひっそりと死んでいくのはノラ猫のやること。
飼い猫になったお前は、家族の前で死んでやれ。
ノラの底意地見せてやれ!』

そのご主人の言葉どおり、タマちゃんは翌朝
家族皆が揃っている居間で逝った。



タマちゃんが亡くなった翌日。
昼頃、動物葬儀会社の人がタマちゃんの遺体を引き取りに来ることになっていた。
この日は朝からやたらとスズメの声が聞こえてきた。
ふと、我が家のベランダを見ると、スズメのヒナが2匹、
そこで飛ぶ練習をしているではないか!
巣立ったばかりなのだろう。まだ4,50センチの高さしか飛べないヒナ。
親鳥がそばで何度も飛行する。
「こうやって飛ぶの。」と見せている。
なかなか飛べないヒナに、親鳥は、
今度は盛んにエサを運んで来ては口移しであげている。
栄養を付けて、再び飛ぶ練習を始めたスズメたちが
けたたましく鳴き交う中、葬儀会社の人がやってきて、
タマちゃんは旅立って行った。

我が家のベランダの中でスズメの巣立ちが繰り広げられたことなど、
今まで一度もなかった。
なのに、この日、このタイミングで、
この自然の営みがここで繰り広げられたのは、偶然だとは思えない。

タマちゃんが、「飼い主さんは、あたしがノラ時代に娘2匹を育て上げたこと姿を、
よく想像してたよね。だから今日は、スズメたちの姿を借りて、
あの時の様子をここに再現して見せてあげるよ。」と私に見せてくれた
素晴らしいショーだったのではないかと思えてしょうがない。



120731a
「まだ若けぇのにな・・・」
タマちゃんの死を悼んでむせび泣く(?)ジュニア

│posted at 08:39:23│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ