2006.06.03(土)

「青山円座松」に挑戦!

si6  ho6

東京・渋谷の竜岩寺にはかつて長く枝を伸ばした笠松があり「円座松」と呼ばれて名所になっていたそうで、北斎が絵の手前に描いているコンモリした緑色の塊がその松。
ぽちゃりの猫背のカーブがそのコンモリ状態と見事に一致!
撮影場所:静岡県長者ヶ岳(05年12月10日)

笠松の陰に、松の落ち葉を掃除している人発見。
6kakudai

浮世絵って細かい所までよく描きこまれているので、こういうのを見つけるのも楽しい。

この笠松、一瞬山のようにも見えるが、実際富士山の南側には愛鷹山(越前岳)という富士山前衛の山としてよく絵にも描かれる山があるので、北斎はこの笠松を愛鷹山に見立てたのかもしれない。
6etizen

愛鷹山の最高峰、越前岳(標高1504M)にはぽちゃりも何度か登っている。
頂上で霧氷の美しさに感動!したことも。↓
6muhyo

またこの時、他の登山者の方からぽちゃりと一緒に写真を撮りたいと申し出られた。
「よその人のそばではじっとしていないかも・・・」
「カメラマン役の飼い主の方に走り寄ってきてしまうかも・・・」
と心配したのに、きちんとお座りしてポーズを決め、
あたかもその人の飼い犬であるかのような態度をとりやがった。
6poze

また、別の時にはナント、「ダーン!」という銃声の後、登山道に鹿が飛び出してきた!
後を追って5,6匹の猟犬がワンワンと踊り出てくる!
彼らはあっという間に麓まで駆け下りて行き鹿はどこかへ行ってしまったが、鹿を逃した猟犬たちは、またあっという間に山に駆け上がって来て、何を思ったか、我らがぽちゃりに向かってウ???ッと唸りだすではないか!
「何を思ったか」って、彼らが何を思ったかというと、ぽちゃりをクマだと思ったんだろうな。猟犬だからな。
きゃー、ぽちゃりくんの運命や如何に?!
迫り来る猟犬たち↓
6ryouken

幸い猟師さんたちが来て事無きを得たが、猟犬たち、よく見ると首輪にごっつい四角いものを装着していた。無線機だ。これで猟師たちと交信するのだ!
「こちら猟師、こちら猟師、応答せよ」
「こちら犬、こちら犬、今前方にクマを追い詰めております、どうぞ」
なんて感じで。すごいのなー、今時の猟犬は。
│posted at 16:22:04│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ