2017.04.28(金)

やらかしよったな~~~

4月23日は横浜・鶴見で猫の譲渡会でした。
4月10日の記事で紹介した「マメ太」は譲渡会前に里親さん決定したので不参加に。
その欠員のおかげで、急きょ参加することになった同じ動物病院で保護されている1歳オス猫、黒猫「クーヤンくん」↓
170428a.jpg

気に入ってくださる方はいたのですが、トライアルにまではお話し進みませんでした。残念。


終始ふてくされていたメス猫「ケイティちゃん」でしたが↓
170428b.jpg
こんな顔してたにも関わらず、「ケイティちゃんを迎えたい」という方が二家族も来て下さり、トライアル決定!


そして、白黒メス猫の「おだんごちゃん」、
当日の朝、また顎をかきむしってしまい、
(この事については↓の記事を参照ください。
http://tsurumineko.blog9.fc2.com/blog-entry-1091.html
170428c.jpg
この痛々しい姿での参加は無理があるので欠席させました。

170428d.jpg
「あたし、やらかしちゃった。。。」

本人も反省している様子。

おだんごちゃんの顎の傷、もちろん命に別状はありません。
が、
顎をかきむしることがクセになってしまっているようで、カラーが外せない状態になってしまっています。
かきむしらないよう、注意深く見守ってくださる里親さん募集中です。



│posted at 09:30:30│
2017.04.17(月)

「かわいい」は全てを超越する。

前回の記事で紹介したおだんごちゃんとケイティちゃんは片目に障害がある。
それはうちの宝子も同じ。
(宝子の目については2015年4月12日の記事参照)
170417a.jpg
宝子は知能障害や運動障害もある。
トイレは砂でできず、家のアチコチでしてしまう。
固形物を食べることができないので毎日流動食を作ってやらねばならない。
猫らしくピョンピョンと高い所に飛び乗ることができず、
えっちら、おっちら、よじ登る。
挙句の果てに降りられない。
高い所で途方に暮れている。
慢性鼻炎なのでしょっちゅう鼻水飛ばす。
毎日涙目拭いてやらねばならない。
いろいろ手がかかるけど、
そんなことは気にならない。
なぜかというと、

かわいいから。

170417b.jpg
「てへ。」


障害といえば、
うちのよしおは断脚手術をしたため、後ろの右脚がない。
170417f.jpg
でもそんなことは気にならない。
高い所にもピョンピョン飛び乗れるし、
よく、無い右後ろ脚で右耳の付け根を掻いている。
(正確に言うと、掻く仕草をしている。)
実際には掻けていないのに、本人、ちゃんと気持ち良さそうな顔をする。
170417g.jpg
時々手で掻いてやる。

よしおの場合、脚のことよりもむしろ、
元々野良猫だったため人馴れしていないことの方が、
飼い猫としては「障害」と言っても過言ではないほどの問題。
自分からすり寄ってくる猫ではない。
抱っこもできない。
でもそんなことは気にならない。
なぜかというと、

かわいいから。

170417i.jpg


「飼い猫としては人馴れしていないことは大問題」、と書いたが、
里親探しをする猫となれば、それはもう致命傷。
人馴れしてない猫を欲しがる人などいない。
そんな、致命傷を持っているのに涼しい顔して里親募集していた猫がいた。
170417j.jpg
急にキレて理由もなく咬みつくひかっくの凶暴猫。
170417k.jpg
その里親に、私がなった。15年前に。
それがジュニア。
170417l.jpg
なんでそんな猫の里親になってしまったのか。
理由は一つ。

かわいいから。


かわいいから。かわいいから。かわいいから。
かわいけりゃ、いいのよ。


170417e.jpg
「れす。」

│posted at 11:35:34│
2017.04.10(月)

春を待っている子3匹紹介

今回は、私がお世話になっている動物病院で保護され、里親募集している子を紹介します。

まずはキジトラオス猫の「マメ太」。
まだいたいけな生後4ヶ月。
170410a.jpg
メスのきょうだい猫もいたのですが、そちらはもらわれました。
野良猫がたくさんいる場所で生まれたので、他の猫も平気。

170410b.jpg
「おねーえちゃん。」

170410c.jpg
「おねーえちゃんっ!!」


と、全くの赤の他人猫にも無邪気に甘えます。

その赤の他人猫、
同じ病院で保護されているマメ太よりちょっとお姉さん、
生後6,7ヶ月ほどの白猫は「ケイティちゃん」。
170410d.jpg

白猫かと思いきや、頭部にうっすらと黒い毛が・・・
170410e.jpg

「あれ?左目がちょっと・・・?」
バレましたか。
子猫の時、左目に穴のあく大怪我を負っていて治療しました。
左の瞳はブルーに見えるので、本来はバイ・アイ(右は金色左はブルー)だったのかもしれません。

そしてこちらは片目を失ってしまった白黒メス猫「おだんごちゃん」。
やはり生後6,7ヶ月ほど。
170410f.jpg

コロンと丸くて短いしっぽが「おだんご」って感じ。
170410g.jpg

おだんごちゃんは小柄でかわいいです。
170410h.jpg
だって、ほら、お顔が、手のひらではなく、指先に収まっちゃう大きさ。

ケイティもおだんごも、もっと小さい時に保護され、治療を受けましたが、
同じ月齢の子はもらわれていったのに、この子たちは残ってしまいました。
2匹とも、人馴れ抜群でかわいいのにもらわれないのは、
目に障害があることが原因と思われます。
片目は見えているので日常生活に何の問題もないのですが、
よく言われてしまうのが、
「見ていてかわいそうで・・・」。

いやいやいや、心配してくれなくても大丈夫!
今はもう痛くも痒くもないんです。
第一、当の本人が、片目のことなんか気にしていません。
だからあなたも気にしないで!

かわいそうなのは、むしろ、思いっきり甘えて暮らせないこと。
動物病院で保護されているから健康・衛星管理はバッチリですが、
スタッフの皆さん忙しく、あまり構ってもらえません。
3匹とも甘えん坊だから、もっと人に甘えて暮らしたいのです。
温かい家庭に迎えてもらえるのを待っています。

3匹とも里親募集サイト「ペットのおうち」に掲載されています。
詳しくはそちらをご覧ください。↓

●マメ太
  http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn151572/
●ケイティ
  http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn151595/
●おだんご
  http://www.pet-home.jp/cats/kanagawa/pn151596/

また、4月23日に横浜市鶴見区で開催される譲渡会にも参加予定。
よかったら会いに来てください。
(譲渡会の情報は以下のブログでご確認下さい↓)
ブログ「つるみ・猫のカギしっぽ」:http://tsurumineko.blog9.fc2.com/

│posted at 17:17:34│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ