2011.12.27(火)

ノラ猫たち ~ ジャッキーとピッピ ~


111227a
ジャッキー(左)とピッピ

111227b
2匹は兄弟!



2010年の夏に産まれた兄弟。
2匹共子供っぽくてよく遊ぶ。
2匹共警戒心がなく、人にすぐ寄って行く。

よく、人慣れしたノラ猫のことを
「こんなに慣れているのは飼われてた証拠。
かわいそうに、捨てられたんだ。」と言う人がいるが、
このジャッキーとピッピはノラから生まれた生粋のノラ。
このように生粋のノラでも人慣れしている子は多いし、
家庭で飼われているのにちっとも人慣れしていない猫だっているので、
人慣れしたノラ猫を見掛けては「捨て猫だ」と言って哀れむ必要はないと思う。

ジャッキーとピッピがいる場所はこの2匹も含めて15匹以上の猫が集う橋の下。
エサやりさんも多いし、人が大好きなこの2匹はこの橋の下に住む
ホームレスのおじさんの懐に抱かれて毎日眠っている。

111227c
よく兄弟で相撲取って遊んでる。


ところが、この夏、この橋から500メートルほど離れた別の橋の下で
ジャッキーを発見!
「あれ、ジャッキー、こっちに来ちゃったの?」
こっちの橋の下にもホームレスのおじさんがおり、
今度はこちらのおじさんにやっかいになっている様子。
でもこっちのおじさんは飲兵衛で、お酒を飲んでは寝てばかり。
あっちの橋の方がエサもたくさんもらえるのに。
あっちの橋なら兄弟のピッピもいるのに。
でも、ジャッキーはこっちへ来た。戻る様子もない。

何がその子にとっていいのか、なんて、人間には分からないこと。
だからそれを自分で選べる「ノラ猫」って、いい身分なのかもしれないね。


111227d
こっちの橋に来たジャッキー。
こっちの橋の下のおじさんは片づけベタなため、寝床はゴミ溜め状態。
でもジャッキーにとっては居心地がいいらしい。
こっちの橋はぽちゃりのお散歩コースでもあるため、
よくぽちゃりに向かって攻撃してくるよ。



│posted at 20:56:31│
2011.12.08(木)

ノラ猫たち ~ 夏にあった悲しい出来事 ~

111208a

昔、ここには10匹以上ノラ猫が集っていた。
今はメス1匹(キジシロ猫「チビちゃん」)
オス2匹(白黒猫「タローちゃん」、キジシロ猫「お父さん」)の3匹が集うのみ。
3匹ともおとなしく、人慣れしている。
ここに毎日エサやりに来ている方にこの子たちを不妊・去勢手術することを勧めたが
「なぜかこの子たちの間に子供はできない。この3年間ここで猫は増えていない。
手術する必要はないと思う。」と言われ、手術をしてこなかった。

ところが、今年の6月、メスのチビちゃんが子猫を産んでしまったのだ。
エサやりさんいわく、3匹産まれたが、内1匹はすぐに死んでしまったとのこと。

1週間ほどしてから様子を見に行くと、チビちゃんが子育てしている段ボールの中が
アリやハエだらけで、その中で1匹の子猫が息絶えていた。
もう1匹の子もダメかと拾い上げたら、まだ私の手のひらに納まる小さなその体で
四肢をムニャムニャと伸ばし、小さなあくびをした。
それは呑気なようにも、もう弱っているようにも見えた。

病院に連れて行って後は私が面倒を見ようかとも思ったが、
この段ボールの中でチビちゃんはちゃんとおっぱいをあげ、子育てをしている。

「母猫が育児放棄しているわけではなく、ちゃんと子育てしているのなら、
その子猫は母猫に任せておいた方が良い。
もしも育たなかったとしても、母猫が育てられなかった子猫ならば、
それを人間の手で育てたとしてもやはり育たないものだから。」

という知り合いの獣医さんのアドバイスもあり、
生き残ったその子猫はチビちゃんに任せることにした。
子猫はちゃんとチビちゃんのおっぱいに吸い付いていた。

翌朝、その場所へ行くと、チビちゃんは段ボールの外に出ていた。
段ボールの中をのぞいたら、中は空だった。
昨日あんなにいたアリやハエもいなかった。
きれいだった。

先に気付いた他の誰かが、死んだ子猫は埋めてくれたのだろう。



昨日、私の手のひらの上にいたあの子は、

確かにこの手のひらの上であくびをしていたあの子猫は、

もうこの世にいない・・・

悲しかった。


ここに集う猫たちは昔から皆体が弱く、常に風邪をひいているような状態で
周囲の人々からも「あそこの猫たちは状態が悪いね」と言われてしまっていた。
今いる3匹もそうで、母猫のチビちゃんも体が小さく痩せていて
常にベロが出ていて、鼻水をたらしていることが多い。

でも、そんな、いつもはか弱く哀れなチビちゃんが、
昨日はたくましく見えた。
得意げに見えた。
「あたし、お母さんなんだよ。あたしの赤ちゃんだよ。
ちゃんと育ててるんだから大丈夫。」
そう言っているように見えた。

それが、最後の子猫が死んでしまった今日は、
こころなしか、
少ししょんぼりしているように見えた。


111208b
「あたしの赤ちゃん・・・」

111208c
「初めての子だったんだよ。
あたし、頑張ったんだよ。」

111208d
「頑張ったのに・・・」




この世に産まれ出てきたのに、
次々と死んでいってしまったチビちゃんの子猫たち。
でも、この子たちは、幸せだったと思う。
一瞬でも、生きる喜びを味わえたのだから。
お母さんのおっぱいを吸いながら、
お母さんに抱かれながら死んでいったのだから。



でも


それでもやっぱり


もうこんな子猫たちを、産み出したくはない。

そう思うのだ。


111208e
最後の子猫が死んでしまった朝。
空はいつも通り青かった。
蒸し暑い日だった。




*このことをきっかけに、ここのエサやりさんも不妊去勢手術の必要性を認識してくれた。
でも3匹共体が弱いため、全身麻酔による手術は危険がありそうなので、
メスのチビちゃんに発情を起こさせないようにする薬を体内に埋め込む
という手術を現在検討中。

│posted at 17:13:41│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ