2011.10.26(水)

忘れられない子たち

神奈川県動物愛護協会でボランティアをするようになって丸10年が過ぎた。
たくさんの犬猫たちが、私のそばを通り過ぎて行った。

10年前、「藤吉郎」という老犬がいた。
路上をさまよっていたところを保護した犬だという。
濁った白い目。痩せてゴツゴツした体。
でも吠え声はやたら元気でワンワン、ワンワンよく吠えていた。

ある日、いつも藤吉郎が居た建屋に入るとやけに静かで、
それでも、いつも通り掃除を始めた私は数分経ってから気が付いた。
「あっ、藤吉郎がいない。」
スタッフさんに聞いたら
「今朝痙攣を起していて、間もなく亡くなりました。」。

生きていた時はうるさいと思った。邪魔だった。
でも死んでしまったら、本当に寂しかった。
動愛で、初めて経験した動物の「死」だった。
その後も誰かが亡くなるたびに、必ず藤吉郎のことを思い出す。



みすぼらしくて汚くて臭かった白血病の猫「ヒロくん」
111025a
かわいかった。大好きだった。
死んだ時、「こんなに愛しいと思える猫にはもう会えないだろう」と思ったけれど、
あれから6年が経ち、やっぱりヒロくんほど愛しいと思える猫には出会っていない。
111025hiro


「ももこ」
111025d

いつも私に寄り添ってくれたももこ。
私の最高の友達
ももこが死んでしまった後、ある日、パソコンが突然壊れた。
そのパソコンには死ぬ前の数ヶ月間のももこの写真が保存されていたのに・・・!
他の情報はどうでもよい。
ももこの写真だけは、なんとしても復活させたい。
ン万円のお金をつぎ込むつもりで専門の業者にデータ復活を依頼したが、
もうまったくもって無理な状態だったようで、パソコンはすぐに返されて来た。
(お金はかけなくて済んだ。)
でも、これはきっと、気位の高かったももこからの
「死ぬ間際の、ヨレヨレの私の姿なんか残さないで。」
というメッセージだったのかもしれない。
今、私の手元には、美しいももこの写真しか残っていない。
111025e


ニンジャ、じゅん、スティーブン・・・
プク、夏子、どびんちゃん・・・
ごん、レオ、とらみ・・・
ロア、タク・・・

次から次へと思い出される。
みんなみんな、温かい家庭を待ちながら、
動愛で死んでいったかわいい子たち・・・。

(動愛で死んでいった子たちの思い出は、
HP「気がつけば白黒」「知って下さい」「忘れないよ」のページに。)


動愛で死んでいった子たちと同時に
もらわれていった子たちのことも思い出す。
里親さんのもとで幸せになっているのだろうけど、
その後の様子が分からない子も多いから、どうしているのかな、と思う。

今動愛で最後を迎えようとしている老犬サンボ。
サンボには「ロール」という兄弟犬がいる。
ロールは6年前、里親さんにもらわれていった。
ロールも今、里親さんのもとで、静かに余生を過ごしているのだろうか。
111025f
若かりし頃のロール(上の茶色の犬)&サンボ


もらわれていった子が里親さんのもとで亡くなり、
その後里親さんが偶然私のHPやブログを見付けてくださって
連絡をくださることもある。

8年前、老猫だった「モニカ」をもらってくださった里親さんがいる。
ある日、その里親さんから思いがけずメールをいただき、
モニカの死の知らせと共に里親さん宅で幸せそうに暮らしていた
モニカの写真を送ってくださった。
寂しいけれど、でも、「よかったね」と心の底から思えた。

111025g
孫の子守りをするおばあちゃんモニカ。いい写真です!


私の大のお気に入りだったミニチュア・シュナウザーの「アロマ」
111025m
ウルウル瞳がかわいかった。傲慢なクセに甘えん坊で、そこがまたかわいかった。
2年前、めでたく里親さんにもらわれてゆき、その後のことは分からずじまいだったのだが、
今年の4月思いがけず里親さんがメールをくださり、4月に、亡くなっていたことを知った。
里親さんはアロマとの暮らしが、いかに素晴らしかったかをたくさん話してくださって、
アロマが亡くなった悲しさよりも、アロマがとても愛されていたことを知って
嬉しさでいっぱいになった。

111025n
里親さんが送ってくださったアロマ画像の数々。
「アーちゃん大好き!アーちゃん世界一!」と
手放しでアロマを称賛してくださる里親さんだった。



動愛で死んでいった子。
里親さんのもとで死んでいった子。
天国には、あのかわいい子たちが先にいっている。
あそこにゆけば、また会える。
だから私は死ぬのが怖くない。
楽しみですらある。



111025c
貴重なヒロくん(左)とにゃんだぼのツーショット写真。
にゃんだぼは今も元気です。

│posted at 14:40:34│
2011.10.24(月)

隣の芝生は青くない

こちら、タマちゃんのトイレ。
111024a

こちら、ジュニアちゃんのトイレ。
111024b


我が家ではタマ、ジュニアにそれぞれ全く別の場所にトイレを用意しており、
二人とも各々の場所で用を足しているのだが、
時々、相手のトイレで用を足してしまうことがある。


↓ジュニアちゃん。タマちゃんのトイレにて。

111024c
ジュニア「さて、と・・・」

111024d
ジュニア「ムッ。。。」

111024e
ジュニア「出たにゃ。」




↓タマちゃん。ジュニアのトレイにて。

111024f
タマ「・・・。」

111024g
タマ「ヤベ、ヤベッ!!」



お互い、相手のトイレのことは「公衆便所」と呼び、さげすんでいる。
その証拠に、相手のトイレでするのは ウンコ と決まっている。



111024h
左タマ「あんた、ちゃんとトイレ掃除しときなさいよ。」
右ジュニア「さっきおまえの便所に落書きしといてやったからな。」

│posted at 16:18:02│
2011.10.06(木)

豹変

猫って・・・

111006c


111006b


111006a


仲睦まじくしてるかと思いきや・・・


111006e


111006d


急にケンカし出したりする。



111006f

猫って分からん。


(出演は近所のノラ)
│posted at 16:38:09│
2011.10.04(火)

いつも笑顔で

わ~い!みかんちゃんに会えたよ!!
111004a
(みかんちゃんについてはこちらの記事参照。)


ぽちゃり「やあ~、みかんちゃん!」
みかん「ああ、このちっさいチンチンはぽちゃりくん!」
111004b


ぽちゃり「しょぼん。。。」
111004c


シズ夫「どうしたんじゃ?ぽんわ殿。
元気がないぞなもし~。」
111004d
ぽちゃり「・・・おじいさん・・・。
わたくし、みかんちゃんから
チンチンがちっさいと言われてしまいました・・・。」



シズ夫「うむ~・・・。」
111004e


シズ夫「確かに、ぽんわ殿の体はわしより4倍もデカいのに、
チンチンのおっきさはわしとおんなじじゃ。
111004f
よって、体の割合からするとぽんわ殿のチンチンは
相当ちっさいものと思われる~。
てか、わしのチンチン相当デカい~。



ぽちゃり「やはり。。。!」 (ショック状態)
111004g



シズ夫「ぽんわ殿よ・・・。かわいそうじゃがな、
これが現実じゃ。詮無いことじゃ・・・。」
111004h


シズ夫「しかし、気を落とすでないぞ、ぽんわ殿。
ぽんわ殿には『笑顔』という武器があるではないか・・・!」
111004i



シズ夫「そうじゃ!ぽんわ殿!!笑顔じゃ!!
いつも笑顔でいるのじゃ!!」
111004j
ぽちゃり「はい~!おじいさん~~!!」

│posted at 08:20:14│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ