2010.04.21(水)

柴犬写真




柴犬写真


100421a


題名



『ケツの穴』





柴犬写真


100421b


題名



『ケツの穴』





柴犬写真


100421c



題名




『ケツの穴』







柴犬写真


100421d



題名



『ケツの穴』




100421e

「あはっ。」


*出演は神奈川県動物愛護協会の里親募集中の犬「嵐」でした。

│posted at 14:22:08│
2010.04.13(火)

シズ夫ちゃんの左顔はオカルト

シズ夫ちゃん、
正面の顔はなかなかかわゆい。
100413a

シズ夫ちゃん、
右の顔は少女の瞳。
100413b

シズ夫ちゃん、
左の顔は死んだ魚の瞳。
100413c





10032816
「わし、まだまだ元気じゃきに~!」
│posted at 20:52:06│
2010.04.10(土)

鬼太郎と弥生

神奈川県動物愛護協会に保護されている里親募集中の猫(大人の猫)は現在30匹ほどおり、もちろんどの子のことも気がかりなのですが、特に今、私は「鬼太郎」と「弥生」のことを心配しています。

2匹ともかつては動愛の「休憩室」におり、複数の猫たちと広い部屋で過ごしていました。
でもこの2匹はまだ比較的若いので早く里親さんにもらってもらえるようにとの配慮から、去年の秋からは人の目に付きやすい「事務所」のステンレスケージの中でそれぞれ過ごさせています。
しかし2匹ともどうしてもこの場所になじめないようで、ケージの中で毛布にくるまって隠れてしまっているのです。

100410a
ステンレスケージの中での弥生。
あまり動くこともなく、いじけた様子で過ごしています。


100410b
毛布にくるまって隠れてしまっている鬼太郎。

100410c
撫でてやれば喜びます。


2匹とも人のことは好きなので、撫でてやれば出てきて甘えます。
でも他にもたくさんの犬や猫の面倒を見なければならないこの施設では、鬼太郎や弥生にじっくりかまってやる時間は残念ながらないのです。結果、2匹はほとんどの時間を引きこもり状態で過ごしています。

「弥生」はちょっとビクビク屋さんですが慣れれば控え目ながら甘えてくる姿がいじらしい、そして優しい心の持ち主です。
「鬼太郎」は本当はヤンチャで活発。突拍子もない行動で人を笑わせてくれる楽しい子です。

そんな魅力的な2匹が、その個性を発揮出来ずにひたすら引きこもっている姿を見るのはしのびないのです。

この2匹には早く里親さんにもらわれて、家庭の中で人にかわいがられながらのびのびと楽しく安心して暮らして欲しい。そう願ってやみません。


「弥生」「鬼太郎」の詳しい紹介は
HP「気がつけば白黒」>ページ「知って下さい」「弥生」のページ、「鬼太郎」のページ
をご覧ください。
│posted at 20:46:01│
2010.04.05(月)

一美の前に

100405a


私は、ノラ猫は大好きだけど、エサをあげたことはない。
面倒を見るのなら、一生見てあげるべきであり、
その覚悟がないのならエサをあげるべきではないと思うから、
やったことがない。
そんな私がなぜ、2009年の年末、風邪で眼やにだらけだったノラ猫の「一美(いちみ)」を拾い上げて面倒を見ることにしたのか、それにはちょっとしたわけがあった。

それは一美を拾い上げるより1年半ほど前の2008年7月のこと。
動愛に保護された子猫で、既に里親さんが決定している2匹の子猫を、ほんの3週間ほどだったが、我が家で預かることにしたのだ。

1004051
真ン丸お目々とカギしっぽがかわいい
ちょっとポケッとした男の子「てるお」


1004052
パッチリお目々が魅力的な
賢く活発な女の子「ルネ」


2匹とも目が魅力的な子だ。(似ている2匹だが、血のつながりは全くナシ)
ところが、我が家に来て数日後、2匹とも風邪を発症。
鼻水、涙目、クシャミ・・・
そのせいで魅力的だった2匹のお目々が、ヒドイことになってしまったのだ!
特にルネちゃんはひどかった。
1004053
上下まぶたの内側の皮膚が、腫れあがってしまたのだ。
放っておくとこの腫れあがった上下の皮膚がくっついてしまい、メスで切開しなければならない状態になるという。

必死の思いで目薬や点鼻薬を投与する日々。
ダルそうで辛そうな子猫たちに薬を無理矢理投与する作業はかわいそうで本当に辛かった。子猫たちも辛かった。でも頑張ったおかげで、子猫たちの風邪は少しずつ回復。

1004054
少し治ってきた頃。
まだグズグズしてはいるが、腫れは大分ひいたルネ(右側)の目

1004055
ほぼ完治した頃。
あんなにひどかった目が、ほぼ元通りのパッチリお目々に。


そして、元通りの健やかなかわいい姿で、里親さんのもとへと旅立ったのだった。


この時の経験があったから、
風邪で辛そうな一美を見た時、「風邪なら治せる。」と思って
看病することにしたのだった。

結局、一美は単なる風邪ではなかったようで、
ひどい下痢が続いた挙句、死んでしまった。

でも、「拾うんじゃなかった」とは思っていない。
できるだけのことはしてやった。
一美もうちにいる間、満足そうだった。
そう思えた。

一美を失ったことよりも、一美というかわいい存在に出会えたこと、触れあえたことの方が嬉しく、これからももっともっとたくさんの命と出会いたい。
そう思えた。

100405b



余談だが、
子猫たちがうちにいた間、小さなコマで遊ばせてやった。
赤いコマと青いコマ。
コロコロ転がるコマを追って2匹は楽しそうに遊んだ。

1004056


1004059
ぽちゃりのベロにジャレるてるお

1004058
ぽちゃりをからかうルネちゃん

1004057
ぽちゃりのしっぽにジャレるてるお



子猫たちはヤンチャだったぶん、2匹が里親さんのもとへ旅立った後の家の中は静かで、本当に寂しかった。

その寂しさの中、もう使わない子猫たちのものを整理していたら、2つあるはずのコマが一つない。赤いコマはあるのに、どこを探しても青いコマがないのだ。
いまだにそのコマは見つかっていない。

いつか、てるおが、「コマ、かえしに来た!」と
遊びに来るのではないかと期待している。


│posted at 13:14:21│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ