2010.01.25(月)

かわいい一美

土手のノラ猫だった一美(いちみ)のことは、月に数回見掛ける程度だった。
目がパッチリしてて小柄でかわいい三毛猫だなと思っていた。
「パッチリ」といっても真ン丸で大きいというわけではなく、
クレオパトラみたいな(会ったことないけど)、魅力的な目をしていたと思う。
「と思う」としか言えないのは、
所詮散歩途中で見かけるノラ猫だったからしっかりと記憶しておらず、
そして私がそのノラだった一美を去年の年末拾い上げ、家で面倒を見ていた間、
一美は病気のために常に涙目で、いつも目を細めてあまり目を開けられない様子だったから、

そしてそのまま死んでしまったから、

本当の一美の目を、私はちゃんと見ていないのだ。


100125a
うちにいた間は常にこんな感じで目を細めていた


100125b
唯一残る比較的一美らしい目の一美。
この時は大好きな鍋焼きうどんを食べて少し元気になり
動きまわっていたから目も開き出したのだ。
そして、この丸っこいしっぽ・・・!



一美はしっぽもかわいかった。
短いカギしっぽだった。
ウサギのように丸っこいしっぽ。
ちょうど、「ハニーシトロン」という焼き菓子のような形で、

100125c
それがクイクイと左右に動いたり、クルリとまわったりする様子は本当に愛らしいのだ。

一美を家に入れて4日目、下痢が続いていたせいでおしりがひどく汚れていたので、おしりの部分だけ軽くシャワーで洗うことにした。
鼻が曲がるような悪臭が立ち込めたが、それでもかわいいこのしっぽがきれいになってゆくのが嬉しかった。
基本的におとなしい一美は洗っている間もそれほどイヤがらなかった。
というより、病気のため、抵抗するほどの体力もなかったのだろう。
ドライヤーで乾かしている間は、いよいよ疲れ果ててしまったのか、小さな頭をコテンと私の腕に預け、ほとんど眠っていた。
でも、その頃の私はまだ、一美をノラに戻すつもりでいたから、
「こんなかわいい姿を見てしまうと情が移ってしまう・・・」と、その愛らしい姿を見ないようにした。


小柄な子だったけど、耳が大きくて立派だった。
真ン丸頭がかわいかった。

100125d


一美がうちに来て6日経った時、もううちの子にしようと決めた。

元気になったらかわいいしっぽ、いっぱい触ろう。
かわいいお手手、何度も握ろう。
かわいい頭、たくさん撫でよう。
元気になったら一美の本当のお目目、見れるよね。
まだ一美の三毛柄の配置、よく分かっていないけど、そのうち覚えられるだろう。
うちの子にするんだから、これから一美のことたくさん知ってゆけばいい。
でも、今は病気だから、安静にしてあげよう。
だから今日はもう、おやすみ・・・

その数時間後に一美は死んだ。


死んだ一美は目をパッチリ見開いていた。
死後硬直はなく、かわいい両手はクンニャリしていた。
お口もきちんと結んで、少しニッコリしているようにすら見えた。
動愛で、猫の遺体はたくさん見てきたけれど、
こんなにかわいい様子の遺体は見たことがなかった。

少し口を開けさせて歯を見た。
真っ白な小さな歯が整列していた。
一美はまだ若かった・・・。



100125e
カメラのヒモにじゃれて遊んだ時の写真。
元気になったらいっぱい遊ぼうって思ってたのに・・・



│posted at 09:45:02│
2010.01.20(水)

あきらめない

100120a
あーあ、またジュニアちゃん、インターホンのネジネジにひっかかっちゃったんだね。

100120b
うーーーんとひっぱっても・・・

100120c
咬みついても・・・

とれない・・・

100120d
ジュニア「もう見なかったことにしよ。」

100120e
ぽちゃり「苦労されているようですね。」
ジュニア「う、うるさいやいっ!!」

100120f
ジュニア「ガタンゴトーン、ガタンゴトーン。通勤中のサラリーマンのマネ。」
ぽちゃり「ほほぅ・・・」

100120g
ジュニア「ジャーーー。トイレ流しま~す。」
タマちゃん「今どき、そんな上~の方にタンクのあるトレイないよ」


100120h
ちょっと斜に構えてカッコつけてみたり・・・

100120i
「俺にはよぉ・・・、里に置いてきた女房子供がいるんだよ・・・」
と泣き落とししてみたり・・・

100120j
もうヤケになって笑顔を振りまいてみたりしても・・・

とれない・・・


まあ、そうこうしているうちにとれました。
いろいろやってみるものです。


100120k
「はぁ~、疲れた」
│posted at 18:01:48│
2010.01.14(木)

本当の、タマちゃんストーリー

タマちゃんはノラ猫として神奈川県の奥地で生まれました。
兄弟に、お兄さんがいるようです。
時々「兄がよくそう言ってたわ」などとお兄さんの話が出てくるので。

生まれつき遠視で、子供の頃は遠視用メガネをかけていてよくいじめられたそうです。
100114a

中学時代はバスケ部に所属。小さいながらもその類いまれなジャンプ力と素早いドロボー走りが評価され、常にレギュラーでした。
このバスケ部の先輩に、かなり性格のキツイ「ミケ子さん」という三毛猫がいたそうで、それでタマちゃんはいまだに三毛猫を見ると委縮してしまうんだそうです。

そして、中2の時に思いがけず妊娠。
体にさわるから、とバスケ部には退部届を出しました。

その後娘を2匹出産。
若くして母になったタマちゃんは慣れない育児にとにかく必死で、一所懸命のあまり、娘の額をなめすぎてハゲさせてしまったことも・・・
100114b

育児が一段落してからは自動車免許も取得。
軽に乗り、郵便局で事務のパートも始めました。
お手紙に切手を貼る仕事です。

タマちゃんのご主人は茶トラ猫。職業トビ。
遊び人でほとんど家に帰らず、飲んだくれていたそうです。
口も悪く、お買いものに行った時などタマちゃんがスーパーの駐車場で車を頭から突っ込んで駐車させてしまうと「バカッ!タマッ!駐車場ではケツから入れるんだっ!」
とタマちゃんのことを一喝。
でもご主人は、根は面倒見のいい親分肌な人なので、
(タマちゃんは今でも「主人は口は悪いけど、根はいい人なのよ」とよく言っています)
車を出す時、出にくくてタマちゃんが困らないように、と、「バック、ライー、ライー」と後ろで誘導してくれたそうです。

そして唯一「タマの作る料理が一番おいしいや!」とタマちゃんの手料理だけは誉めてくれたそうです。それが嬉しくてタマちゃんは、いつも家に帰らず飲み屋からそのままトビの現場に行ってしまうご主人のために、お弁当を作って毎日届けに行っていたそうです。

いつもは軽に乗ってお弁当を届けに行っていたタマちゃんですが、その日の現場はたまたまタマちゃんがパートしている郵便局の近くだったので、お昼休みに歩いてお弁当を届けに行くことにしました。

その時です。
タマちゃんが車にはねられてしまったのは・・・!

後ろ左足は股関節からはずれ、おしりの皮膚がズルむけ、しっぽを切断する大ケガ・・・!
この事故の衝撃で、タマちゃんが両腕にしていた腕(うで)カバーのうち
100114c
左手にしていた方が、どこかに飛んで行ってしまいました。

だからタマちゃんの腕カバーは今は右手だけなのです。
100114d


そのまま病院にかつぎこまれたタマちゃん。
それっきり、
タマちゃんは、2匹の娘とも、ご主人とも、会っていません。

この事故でタマちゃんはノラやってた場所からは遠く離れた横浜市の神奈川県動物愛護協会付属病院に1年間もの入院を余儀なくされ、その間にタマちゃんを「うちの子にしたい」という申し出があり、
タマちゃんと色柄はよく似てるけど、いっつもイライラしているオス猫と、
毛ムクじゃらでいっつもドタバタしているベロの長い黒い犬
100114e
のいる家にもらわれ、飼い猫となったのです。

ノラ時代、毎晩参加していた集会に時々やってきていた飼い猫の「クロちゃん」から、「人に飼われるのって素敵。毎日あったかいし、食べるものにも困らないよ。パチッって押すと床があったかくなったりするんだよ。」と夢のような話を聞かされ、(ノラの間では「アラジンと魔法のランプ」に出てくる「空飛ぶ絨毯」より、この「ホカペの絨毯」のお話しの方が人気がありました。)タマちゃん自身も飼い猫になることにあこがれていたので、今の生活に満足しているようです。

時々、「娘やご主人に会いたくなったりしない?」と聞きますが、
「全然。娘たちはもう成人して立派にやってるだろうし、主人はもう違う女作ってるわよ。」
との返事が返ってきます。

100114f
あこがれの「ホカペの絨毯」の上で。

(以上は、タマちゃんが語ったことを私が口述筆記し、それを分かりやすくまとめたものです。
形式上の「タマちゃんストーリー」でしたら、2008年3月10日の記事で書きましたのでそちらをご覧ください。)
│posted at 21:57:36│
2010.01.10(日)

み~んなかわいくて困るよー

今、神奈川県動物愛護協会にいる里親募集中の子犬3兄弟です。

100110a


100110b
走るのヘタくそ。
一番体は大きいけれど、わりとのんきで人懐っこい八兵衛。


100110c
体は一番小さいけれど頑張っている勘九郎。
勘九郎はちょっと嵐に似ているね。


100110ara
「えー?ぼくが子犬の頃は、もっとかわいかったけどー。」(by 嵐)


100110d
甘えん坊でマイペースの団十郎。


100110e
もぉ~、子犬は、文句なくかわいいよぉ~。



でも、実は、もっともっとかわいいものが
この世には存在する。
それは・・・

100110j1
我が家のジューニアちゃ~ん!!!


100110j2
「オレは最近よー、世の中に もの申したいことがあるんだよ。」

なに、なに、ジュニアちゃん、なんでもおっしゃって。


100110j3
「テレビ薄くなって、上に乗れなくなっちゃったんだよ。」

│posted at 16:27:36│
2010.01.06(水)

新年早々

100106a


100106b


100106c


100106d


100106e


100106f

新年早々ベロネタです。
│posted at 18:21:39│
2010.01.01(金)

全員集合でご挨拶

あけましておめでとうございます。
旧年中当ブログをご覧くださっていた皆様、ありがとうございました。
今年の目標:去年よりも更新を多くする!
所存ですので、今年もよろしくお願い致します。

そして旧年中、寄附をくださったりイベントにご参加くださったりと、神奈川県動物愛護協会を応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。
皆様のご支援のおかげで去年は、もう使用できなくなっていた古い犬舎を一部解体して新しい建物を建てることができ、今まで狭く暑苦しい場所で飼育していたアライグマたちをそちらへ移動させてやることができました。
ペットサークル・キャットタワー・ペット用ベッドを提供いただいたおかげで広い場所で快適に暮らせる犬・猫も増えました。
フードを提供していただいたおかげで、おいしいご飯を食べることができました。
新聞紙やペットシーツ、タオル・毛布等は動物たちの敷物に大活躍。
他にも様々な物資のご提供のおかげで毎日の施設運営が助けられています。

そして里親になってくださった皆様、ありがとうございました!
もらわれていった犬猫たち皆、幸せなお正月を過ごしていることでしょう。

今年も動愛への応援、よろしくお願い致します。

それでは2010年1月1日現在、神奈川県動物愛護協会で保護している里親募集中の動物たち全員に、ここでご登場願いましょう。
(写真は8ブロックに分かれています。それぞれクリックすると大きくなります。)

100101a


100101b


100101c


100101d


100101e


100101f


100101g


100101h

以上、アライグマ6匹、ハト2匹、ウコッケイ1匹、犬19匹、猫34匹、
総勢62匹の、かわいいかわいい命たちです。
│posted at 21:09:08│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ