2006.10.30(月)

ぽちゃりの不細工三十六景 其の十五

bu15a

この写真の敗因は・・・

bu15b

後ろ足にピントが合ってしまったことだな。
│posted at 14:12:17│
2006.10.29(日)

悲しい性(さが)

うちのジュニアちゃんの古巣である神奈川県動物愛護協会(動愛)では
犬猫たちのお部屋の敷物やトイレに、新聞紙を多用しています。

061029npbubu 061029npshin
新聞紙敷いてま?す。
061029npgaji

その名残なのか、ジュニアは新聞紙の上に乗っかることが多い。
-61029npjrb
結構邪魔なんですけど・・・
061029npjra
「いいじゃねえか。落ち着くんだよ」

いくらでも他に乗っかる場所があるのに、ピンポイントで新聞紙の上に乗っかってくる。
動愛出身の犬・猫を飼ってらっしゃる皆さん、そんな傾向はありませんか?

*動愛についてはHPの「知って下さい」ページ参照。
│posted at 13:05:36│
2006.10.24(火)

私の富士山

当然、富士山はただの三角形ではなく、見る角度によって様々な表情を見せる。
061024amari
これは山梨県の甘利山から見た富士山。
優雅に裾野を広げ、頂上には左右対称にチョコンと角がある。
全体的に平べったすぎず、とんがりすぎず、実に美しい。
私のお気に入りの富士山の一つだ。
甘利山のある山梨県韮崎市は、左に富士山、右に八ヶ岳、真正面には南アルプスの山々が見える素晴らしい場所だ。(どこに立った場合の右なんだか左なんだか・・・)

061024niraa

こんなところに住みたいなーと思うけれども、こういうところに住むと
富士山も八ヶ岳も両方とも見たいと思うあまり、

061024nirab

だんだん目が離れていっちゃって、

061024nirac

で、そうなった場合、正面の南アルプスが死角になっちゃって見えないし、

061024nirab

で、鳥みたいに目が離れていったものだから

061024nirad

そのうちくちばし生えてきて

061024nirad

本当に鳥になっちゃって

061024nirae

で、そうなったところで、やっぱり南アルプス死角だし。

なので、韮崎市への移住計画は却下。
それに、実は甘利山からの富士山は、私が2番目に好きな富士山なのだ。
私が一番好きな富士山は・・・
061024yamanakaa
見よ、この堂々とした勇姿!
このどっしりとした安定感!
甘利山からの富士山が、優しい「お母さん富士」だとすれば
こちらは堂々とした「お父さん富士」といったところか。
そう、これは山中湖から見た富士山。
湖畔から眺めるもよし、周囲の山々(石割山、鉄砲木ノ頭、大平山等々)に登って眺めるもよし。
この富士山をいつも見ていたいし、いつもこの富士山から見守られていたい。
というわけで、我が家の移住希望地はここに決定。
求む土地!in 山中湖村。

061024yamanakab


葛飾北斎の富嶽三十六景への挑戦は一段落したので、
今後は我が家オリジナルの富嶽三十六景を新カテゴリーとして展開してゆきます。
│posted at 13:49:25│
2006.10.22(日)

ハンカチ落とし

たとえば、人が集まって車座になって談笑などしているところに
061022a

犬が加わる場合、
犬は人に寄り添うか、人の背後で寝そべっていることが多い。
061022b

ところが、うちのぽちゃりの場合、
人の周りをぐるぐるぐるぐる・・・・・・
061022c
ぐるぐるぐるぐる回っている。
その姿はまるで、ハンカチ落としの鬼のようである。
この夏、何かと話題の「ハンカチ王子」であったが、
我が家でのもっぱらの話題は「ハンカチ落とし」である。

↓人に寄り添う犬と、人の背後を徘徊する犬の、じゃなくて
061022photo

│posted at 14:53:01│
2006.10.19(木)

ぽちゃりの不細工三十六景 其の十四

人のような顔をした魚は「人面魚」。
人のような顔をした犬は「人面犬」。
ならば、マクドナルドの「M(エム)」のような顔をした犬は「マクドナルド面犬」。
bu14a

↓ここのことね。
bu14b

│posted at 15:15:16│
2006.10.17(火)

最後まで現役で! ~葛飾北斎~

お相撲で有名な両国国技館。
そのすぐ隣にある「江戸東京博物館」では2006年10月21日~12月10日まで
ボストン美術館所蔵の肉筆浮世絵を集めた特別展「江戸の誘惑」を開催予定。
もちろん葛飾北斎の作品もあり。
(但し、今回展示されているのは肉筆画。「富嶽三十六景」は版画なのでここでは関係ナシ)

正にその「江戸東京博物館」のすぐそばに葛飾北斎生誕地の碑がたっています。
hokusaist4seitan
ここは墨田区亀沢一丁目。
1760年、当時の地名は江戸本所割下水であるこの地に葛飾北斎は生まれました。
hokusaist1
この亀沢一丁目から亀沢四丁目までの通りは「北斎通り」と名付けられ、
道両脇に設置してある街路灯には「富嶽三十六景」を代表とする
北斎の絵103作品の複製が飾られています。
hokusaist2gallaree
通り沿いにある公園の公衆便所まで北斎!こんな便所なら入ってやってもいいぞー。
hokusaist4toilet

北斎は90歳まで生きました。当時としては化け物級の長寿です。
彼は75歳の時に、
「自分は6歳から絵を描いているけれど、70歳以前に描いたものは全然ダメ。
73歳頃(富嶽三十六景はこの頃)から少しはまともなものが描けるようになった。
だからきっと80歳になったらもっと上手になって、
90歳になったら奥義を極め、100歳になったら神業となり、
110歳になったらまるで生きているような絵を描けるようになるだろう。」
と希望に満ち満ちて書いています。
60過ぎたら定年だ引退だなどと老け込んでいる方々に聞かせたい、この心意気!
60歳なんて北斎に言わせれば、まだ何も分かっていない青二才なわけです。
ならば37歳の私は、まだ赤ん坊。
ヤッター、まだ だだコネたりお菓子ねだったりしてもいいんだー。バブバブー。

生涯絵を描き続けたい、もっともっと上手くなりたいと願った北斎。
実際、北斎は亡くなる直前まで絵を描き続けました。
ぬいぐるみの年齢でいったら80歳近いであろううちの「クロスー」も、
「生涯現役でありたい・・・!」
そう北斎の碑に誓いをたてました。
hokusaist8

ところでこの日の撮影、夕暮れ時だったため
フラッシュをたいたらクロスーの顔がひかるひかる・・・
hokusaist5kuro  hokusaist6kuro

さて、北斎通りの錦糸町駅そばのところに和風甘味&お食事どころがあります。
その名も「北斎茶房」
hokusaist7sabou

ブログで北斎を扱っている身としては、入るしかないでしょう。
入って正解!
落ち着いた和の雰囲気の店内。
温かみある食器で出される丁寧な和食のおいしいこと。そして甘味の豊富なこと!
白玉あんみつ食べましたが、こだわり小豆で作るあんこのおいしさと、
注文してからこねてゆでてくれる白玉のトゥルンとした食感!
この店、我が家から近いわけではないのですが、
通って全メニュー制覇したいと思わせるようなお店でした。
今度はお抹茶パフェ食べたい。
バブバブー。
│posted at 15:10:20│
2006.10.15(日)

「凱風快晴(がいふうかいせい)」に挑戦!

ho2

富嶽三十六景の中で「神奈川沖浪裏」と並んで有名なこの絵。
こちらの方が好きだという人も多いことでしょう。(私は浪裏派だけど。)
初夏、爽やかな南風の吹く晴れた日の早朝、
昇り始めた太陽に照らされて富士の山肌が赤く染まる一瞬があるという。
いわゆる「赤富士」。
年に数回しかない現象なので、赤富士は見たことがありませんが、
いつかきっと見てみたいな。
なので、「赤富士」ならぬ「赤い実と富士」でお茶を濁しておきます。
si2

さて、葛飾北斎の富嶽三十六景は「36」と銘打ってはおりますが、実際には46図あります。
今回で42図への挑戦を果たしたので全作品制覇まで残りあと4図!
しかし今のところ、どうしてもそれらに対抗できる写真がありません。
今後、適当なものが撮れたらその都度アップすることにします。
│posted at 14:49:01│
2006.10.14(土)

あの時は楽しかったな・・・

思い出し笑い。
061014jr

│posted at 15:45:03│
2006.10.13(金)

ぽちゃりの不細工三十六景 其の十三

人のような顔をした魚は「人面魚」。
人のような顔をした犬は「人面犬」。
ならば、うつぼのような顔をした犬は「うつぼ面犬」。
bu13

│posted at 18:07:31│
2006.10.11(水)

「甲州伊沢暁(こうしゅういさわのあかつき)」に挑戦!

si40 ho40

北斎が描いたのは現在の山梨県石和(いさわ)温泉。
空がほんのり色付き出した早朝の景色。
街はまだ暗く、富士の裾野にも朝靄がかかっている。
写真の方も早朝に撮ったので、温まりだした街(山梨県韮崎市)から
湯気がモワモワと立ちこめて朝靄がかかっているよ。
撮影場所:山梨県甘利山(05年12月25日)
│posted at 14:47:27│
2006.10.07(土)

「常州牛掘」に挑戦!

si15 ho15

舟の形と、突き出したぽちゃりのお手手の形がおんなじだなー
15hikaku
・・・って、こりゃ、いくらなんでも無理があるなー・・・。

撮影場所:山梨県横尾山(06年1月4日)
北斎が描いたのは今の茨城県潮来市。
│posted at 20:34:39│
2006.10.06(金)

Every child has a beautiful name

神奈川県動物愛護協会に保護された犬猫たちにはスタッフが名前を付けます。
適当に付けてる場合もあるようですが、同時期に複数の子が保護された時などは
シリーズものの名前を付けることもあります。
「おにぎり」と「のりまき」とか
(おにぎりはもらわれましたがのりまきは在籍中)
「ウエ(上)ちゃん」「シモ(下)ちゃん」とか。
(ウエちゃんはもらわれましたがシモちゃんは在籍中)
新札が出た頃に保護された子猫の名前は「諭吉」「一葉」だったり、
韓流スターが人気の頃には「チャン」だの「ビョン」だの。

さて、今日現在動愛にいる子猫の名前ですが、
061006anko
「あんこちゃん」

061006sarasa
「洛(らく)ちゃん」「更紗(さらさ)ちゃん」「雅(みやび)ちゃん」
(雅は里親さん決定しています)

ふむふむ、“和”なテイストシリーズです。
ところが、
061006heimao
「ヘイマオ」・・・って、何?
聞いたところ、中国語で「ヘイ=黒」「マオ=猫」で「黒猫」のことだとか。
へー、知らなかった。
確か中国語でパンダのことは「熊猫」って書くよな。と思って検索したら、
「熊猫(ションマオ)」とのこと。お勉強になりました。
で、これを検索してたら、「点心熊猫(デンシン ションマオ)」というキャラクターを発見。
パンダが肉まんやシュウマイやギョーザに・・・
│posted at 20:32:00│
2006.10.05(木)

ぽちゃりの不細工三十六景 其の十二

オールバックならぬ、オールフロント。
bu12

│posted at 20:02:17│
2006.10.04(水)

健闘(見当)ちがい

ムッ!!!
オレの縄張りに・・・ なにやつ?!
061004jr1

ご近所の茶トラ猫でーす。
061004jr2

ぽちゃり「あ~あ、彼、オシッコかけてるよ。あ、アッカンベーした。あ、寝ちゃった。」
ジュニア「あの野郎・・・!!!」
ワナワナワナワナ・・・
061004jr3

そして八つ当たり。
061004jr4

│posted at 20:46:19│
2006.10.02(月)

「駿州大野新田」に挑戦!

si43 ho43

北斎の絵には葦を背負う牛や人が描かれている。
写真のぽちゃりも重荷を背負わされております。
43omoni

撮影場所:山梨県二十曲峠(05年12月18日)
北斎が描いたのは現在の静岡県富士市南部。
│posted at 21:06:12│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ