2016.04.25(月)

もうすぐ命日おじいちゃん

毎年、春になると横浜の赤レンガ倉庫でお花のイベントが開催される。
毎年ぽちゃりと一緒に見に行っていたが、ここ数年行っていなかった。
ぽちゃりご高齢につき、もうこれが最後になるかも、と思い、久しぶりに行ってみた。

160425a.jpg

160425b.jpg

160425c.jpg

160425d.jpg

160425e.jpg

160425f.jpg

とっても綺麗だったね。
また来年も来ようね。

思い返せば、最後に行ったのは6年前。
あの時はおじいちゃん(シズ夫)がいた。
160425g.jpg

もうすぐおじいちゃんの命日がやってくる。
おじいちゃんが死んで3年が経つ。
1日たりとも忘れた日はない。

│posted at 10:17:32│
2013.05.20(月)

うちの子ですからね

今年のGWはどこにも行かなかった。
どんな行楽地より、我が家がいちばん楽しい場所だったから。
おじいちゃんのいる我が家が、
私がいちばんいたい場所だったから。

そんな我が家に、久しぶりにタマちゃんが帰ってきた。
130520a



「ふぅ・・・。」
130520b

「おじいさん、だいぶ手こずらせてくれたねぇ・・・。」
130520c

「さ、そろそろ行くか・・・」
130520d

「おじいさん、ちゃんとあたしの後に付いてくるんだよ。」
130520e

「でもさ・・・」
130520f

「おじいさん・・・!」
130520g

「よく頑張ったよ、ホント・・・。」

130520h


4月29日、シズ夫、死す。

かわいかった。
ただ居てくれるだけで幸せだった。
ずっと一緒に居たかった。

でも、もう、誰が見たってずごい高齢。
むしろ、長生きし過ぎたのだ。
シズ夫の手も足もチンチンも、
肺も心臓も腸も膀胱も、細胞の一つ一つまでも、
「こんなに使ってもらって満足です!」って思っているだろう。
うん。寿命だ。
仕方ない。

130520i

シズ夫は捨て犬だった。
年老いてから捨てられた犬だった。
我が家で過ごした年月は3年と2か月。
だから、もとの飼い主と暮らした年月の方が
ずっとずっと長いだろう。

決して、要らなくなって捨てられたのではないと思う。
何か事情があったのだろう。
もとの家庭でもかわいがられていたのだろう。

でも、おじいちゃん、
忘れないでください。
私たちはこの世の誰よりも、おじいちゃんのこと大好きでした。
本当に大事に思ってました。
だから、おじいちゃんはうちの子です!
うちの子として旅立ったんです。

あの世で元の飼い主さんに会うこともあるでしょう。
甘えてください。なつかしんでください。
でもそのまま一緒に行かないでください。

待っていてください。
私たちのことを、待っていてください。
うちの子なんですからね。
うちの子なんですからね。
あの世でも一緒に暮らしましょう、ね、おじいちゃん!


130520l
分かっちぇおる。 分かっちぇおるよ。
わし、待ってるきに。
じゃから、安心して
わしみたいに長生きしいやー・・・


│posted at 12:58:47│
2013.03.20(水)

おじいちゃんはかつてシーズーだった。


うちのおじいちゃんは、かつて神奈川県動物愛護協会の保護犬だった。
139321a
↑動愛時代のおじいちゃん。
由緒正しいシーズーですな。名前も「シズ夫」ですから。

この時点でもう年寄り。どうせ後2,3年の命だろう。
余生はうちで暮らすがいいと、2010年2月うちの子にした。
139321b
うちに来る日。うちの車に乗り込んだおじいちゃん。
「わし、おうちの子になるんよ!」

うちに来たばかりの頃。
まだまだシーズーらしいおじいちゃん。↓
139321c

139321d

もともと左耳周辺に再発するタイプの腫瘍があり、何度も手術。
最終的には左耳を切除。
139321e

左耳はなくなり、
130321f
もともと見えていなかった左目に加え、右目も失明。


正直、寝てるだけの毎日。
130321g
もうシーズーっぽくない。
耳のない、左右目の大きさの違うなんだかモコモコした生き物。
でも、最高にかわいい生き物。


130321h
数日前まではこんな感じだったのに ↑

急に、もともと小さかった左目が、とうとう閉じてしまった。↓
130321i

病院に連れて行ったら、そもそも目玉というのは水に浮いた状態にあるが、
その水がなくなってしまったとのこと。
左耳周辺は今でも腫瘍が少しづつ増幅しているが、
もう高齢のため手術もできないので、ただ見守るしかない。

そんなこんなで、
見る角度によってはシーズーどころか、
もはや犬であるかどうかも怪しいおじいちゃん。
130321j
猿?鳥のヒナ??


でも、最高にかわいいんです。
世界一大事なんです。
おじいちゃん、ずっとずっといてくださいね。
いてくれるだけでいいんですからね。

おじいちゃん、うちに来て3度目の桜です。
130321k
「わし、まだまだ元気じゃきに~~~!!!」

桜に向かって放尿するおじいちゃん。
│posted at 21:07:23│
2012.11.17(土)

男なら山を持て PART3

山梨県韮崎市にある新府城跡へ行ってきました。
121117a
ここからは、富士山、南アルプス、八ヶ岳などたくさんの山々が望めます。


121117b
シズ夫「ん~~~、わしは山を探しに来たんじゃ~~~。
山、山~~~、どっかに山は落ちとらんかの~~~。」


121117c
「あっ・・・」


121117d
シズ夫「ねえ、ねえ、ぽんわ殿!!あの山は何っ?!」
ぽちゃり「あ~~~、あれは八ヶ岳ですよ、おじいさん。」


121117e
シズ夫「やつがたけ?それって一つで八っつおいしいってこと?」
ぽちゃり「まあ、そういう感じですかね~。」


121117f
シズ夫「それってお得じゃね・・・!!」


121117g
シズ夫「で、あの山もぽんわ殿のものなの?」
ぽちゃり「いえ~、あれはぽんわくんのじゃないです。」


121117k
シズ夫「じ、じゃあ・・・」(ゴクリ。)



121117m
「あの山、わしのにけって~~~~い!!!」


こうしておじいさんは念願の山を手に入れることができました。
めでたし、めでたし。

121117h
ぽちゃり「おじいさん、よかったですね。」
シズ夫「うん。えがった。」



その頃、おうちでジュニアちゃんは・・・


121117i
ジュニア「犬ってパカだな。」


│posted at 13:21:06│
2012.10.19(金)

男なら山を持て PART2

山へ行きました。

121025a
ぽちゃり「久々の遠出です~。」


121025b
シズ夫「ねえ、あの山の形、わしの頭の形と似てな~い?」

(注:おじいちゃんの頭が出っぱっちゃってるのは腫瘍のせいです。)


121025c
ぽちゃり「ここだけのお話ですけどね、おじいさん。
あの山もぽんわくんのなんですよ。」
シズ夫「えっ!!!」



121025d
シズ夫「うむ~~~。ぽんわ殿め~~~。
富士山のみならず、あの山まで所有しちぇおるとは~~~・・・」
(あの山:群馬県 破風岳)


真に受けるおじいちゃん。


121025e
シズ夫「チクショウ、チクショウ・・・!」


121025f
ぽちゃり「まぁ、おじいさん、そう荒れずに~。
見てください~。あちらの山の上の方、もう紅葉が始まってますよ~!」


121025g
シズ夫「わあ~!本当じゃあ~~~あ!!」



横浜では紅葉なんてまだまだだった10月の初旬、
群馬県のこのあたりではもう紅葉が始まっていました。


121025h
シズ夫「紅葉はきれいだし、やっぱり山はええのっ。」


121025i
シズ夫「山じゃ!わしは山を持つぞ!!」
ぽちゃり「ところでおじいさん、目、見えてないんじゃなかったでしたっけ~?」


(「男なら山を持て」のPART1はこちら → http://sirokuropotaku.blog63.fc2.com/blog-date-20120125.html
│posted at 10:05:44│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ