2017.08.10(木)

進歩しないマオスケ

↓これはうちによしおが来てまだ間もない2015年10月の出来事。

170811a.jpg
マオスケ「あらヤダ!こんなところに新人がいる!」

170811b.jpg
マオスケ「新人はつぶさなきゃ。せーの・・・」

ボスーーーッ!
170811c.jpg


ズドーーーッ!
170811d.jpg


170811e.jpg
マオスケ「さ、これでよし、と。」


170811f.jpg
よしお「無事です。」

マオスケ、ついこの間も似たようなことやってたよね。


│posted at 08:22:55│
2017.08.07(月)

よしお一族

これ、うちの「よしお」。

170808a.jpg

170808b.jpg

170808c.jpg

よっちゃん、よしり、よっくん、
などと呼ばれている。

よしおは野良猫だった。
よしお野良時代写真↓
170808d.jpg
170808e.jpg
170808f.jpg
(この時はもちろん、よしおがうちの子になるなどとは夢にも思っていなかった。
この現場の餌やりさんから、不妊去勢手術するために猫たちを捕獲して欲しいと頼まれて、
2015年6月、頭数把握のために下調べに行った時に撮っただけの写真だ。
この数日後、皆捕獲して手術してやり、元に戻した。)


よしおが野良やってた場所は、
よしおみたいなおかっぱ柄のキジ白猫がいっぱいいた。

170808h.jpg
↑これはよしお。
170808i.jpg
170808j.jpg
170808k.jpg
170808l.jpg

皆若いオス。多分兄弟だろう。
唯一これ↓だけがメスで、
170808m.jpg
多分よしおのお母さん。
顔そっくり。
この時も、
数日後には生まれる!と思われる大きなお腹で現れた。

でも多分もう、よしおのお母さんはこの世にいない。
この現場は交通事故が大変多い場所。
手術してやった猫は、次々と消えて行ってしまった。
よしおも↑の写真を撮った2ヶ月後、右後ろ脚に大怪我を負うことになる。

170808g.jpg
(今は失われた、よしおの右後ろ脚&タマタマの写った貴重な写真)


よしおの顔を見るたびに思う。

よっちゃんはお母さんに似てるね。

170808z.jpg

│posted at 20:14:44│
2017.07.27(木)

うちのヒロイン

ウメちゃんの姿を初めて見た時、
ミュージカル「キャッツ」の「グリザベラ」みたいだと思った。

「グリザベラ」は薄汚い老メス猫。
かつては美しく気位の高い娼婦だったけど、
今は皆から嫌われ相手にされず、
いつも皆の輪の外で悲しげにしている。
でも、最後は選ばれし猫となる「キャッツ」のヒロイン。
あの有名な「メモリー」を歌うのもこのグリザベラだ。

かつて家庭でかわいがられていたであろうウメちゃんが、
年老いて捨てられ、
やせ衰えて毛はボソボソになったその姿が、
このグリザベラと重なった。
170726a.jpg

ウメちゃんを撫でる時、
私の頭の中では「メモリー」が流れていた。
170726b.jpg


でも元気になった今、
弱々しかったウメちゃんは荒々しくなり、

170726e.jpg

170726d.jpg

はかなげだったその姿は、おっかなくなった。
170726g.jpg

170726h.jpg

皆から嫌われている点だけはグリザベラと一緒だが、
ウメちゃんが現れた時流れるのは「メモリー」ではなく
「ジャイアンのテーマ」。

170726c.jpg
ジャーン、ジャージャ、ジャ、ジャーン ♪


│posted at 12:44:06│
2017.04.17(月)

「かわいい」は全てを超越する。

前回の記事で紹介したおだんごちゃんとケイティちゃんは片目に障害がある。
それはうちの宝子も同じ。
(宝子の目については2015年4月12日の記事参照)
170417a.jpg
宝子は知能障害や運動障害もある。
トイレは砂でできず、家のアチコチでしてしまう。
固形物を食べることができないので毎日流動食を作ってやらねばならない。
猫らしくピョンピョンと高い所に飛び乗ることができず、
えっちら、おっちら、よじ登る。
挙句の果てに降りられない。
高い所で途方に暮れている。
慢性鼻炎なのでしょっちゅう鼻水飛ばす。
毎日涙目拭いてやらねばならない。
いろいろ手がかかるけど、
そんなことは気にならない。
なぜかというと、

かわいいから。

170417b.jpg
「てへ。」


障害といえば、
うちのよしおは断脚手術をしたため、後ろの右脚がない。
170417f.jpg
でもそんなことは気にならない。
高い所にもピョンピョン飛び乗れるし、
よく、無い右後ろ脚で右耳の付け根を掻いている。
(正確に言うと、掻く仕草をしている。)
実際には掻けていないのに、本人、ちゃんと気持ち良さそうな顔をする。
170417g.jpg
時々手で掻いてやる。

よしおの場合、脚のことよりもむしろ、
元々野良猫だったため人馴れしていないことの方が、
飼い猫としては「障害」と言っても過言ではないほどの問題。
自分からすり寄ってくる猫ではない。
抱っこもできない。
でもそんなことは気にならない。
なぜかというと、

かわいいから。

170417i.jpg


「飼い猫としては人馴れしていないことは大問題」、と書いたが、
里親探しをする猫となれば、それはもう致命傷。
人馴れしてない猫を欲しがる人などいない。
そんな、致命傷を持っているのに涼しい顔して里親募集していた猫がいた。
170417j.jpg
急にキレて理由もなく咬みつくひかっくの凶暴猫。
170417k.jpg
その里親に、私がなった。15年前に。
それがジュニア。
170417l.jpg
なんでそんな猫の里親になってしまったのか。
理由は一つ。

かわいいから。


かわいいから。かわいいから。かわいいから。
かわいけりゃ、いいのよ。


170417e.jpg
「れす。」

│posted at 11:35:34│
2017.03.30(木)

あいつはいつも居た

170330a.jpg

俺も歳をとった。
もう17歳だ。
この17年間、いろいろあったな。

170330b.jpg


子猫の頃のことなんて、もう忘れた。
俺が覚えているのは、この家に来てからのこと。
この家は、出入りが激しい。
いろんな奴が来ては、消えていった。

170330satoa.jpg
170330satob.jpg
170330satoc.jpg

皆、「里親」のところへ行ったのだという。


昔、「タマちゃん」っていう奴と、
170330c.jpg

「猫嫌いのじいさん」もいたな。
170330d.jpg

こいつらは俺と同じくこの家の住人だったけど、ある日、いなくなった。
「里親」のところではなく、「天国」へ行ったのだという。

170330e.jpg


「里親」も「天国」も、どちらもとても良いところだという。
ただ、誰かが「天国」へ行った後、うちの人間たちは、
しばらく寂しそうにしている。

170330f.jpg


こうしてたくさんの奴を見送ってきたけれど、
ぽーの野郎はいつも居た。
170330g.jpg

170330h.jpg

あいつは俺がここに来た時から居た。
170330i.jpg

始めっからここに居た。
170330j.jpg

あいつがいなくなることなんて絶対になかった。
170330k.jpg

なのに、

なのに、

170330l.jpg



170330m.jpg



最近、ぽーが居ないんだ。

170330t.jpg


あいつ、どこ行っちゃったんだろう…。

170330u.jpg


2017年2月26日 ぽちゃり永眠。

16歳と5ヶ月の生涯でした。

170330v.png
│posted at 20:32:23│
登場人物 1

poimage

ぽちゃり(POCHARI)
オス犬 乙女座B型
ベロ長足長鉄道マニア
好きな食べ物:バームクーヘン

 
登場人物 2

jrimage

ジュニア(JUNIOR)
オス猫 牡羊座AB型
顔は良いけど心は悪い
趣味:女装、呪術

 
登場人物 3

tamayanimage

タマやん(TAMA)
メス猫 山羊座 FIV(猫エイズ)陽性型
ノラの国からやってきた
極秘情報:実は二児の母
2012年6月 没

 
登場人物 4

sizuoimage

シズ夫(SIZUO)
オス犬 水瓶座A型
元気なおじいちゃん
特技:パンダの赤ちゃんのものまね
2013年4月 没

 
登場人物 5

maosukeimage

マオチュケ(MAOSUKE)
オス猫 牡牛座A型
永遠の少年
言っておきたい事:キジトラじゃないの。
キジシロよ!

 
登場人物 6

neraimage

飼い主1
69年生まれ 女
当blog管理人
特徴:ガニまた

 
登場人物 7

ojiimage

飼い主2
68年生まれ 男
ぽちゃりのお抱え運転手
好きな食べ物:キャベツ